一定所得以下の家庭に対する「教育費応援制度」の創設や、学力向上のための教育環境の整備を進めます。
待機児童解消と多様な保育サービスの整備を進めます。
医師の養成数の拡大や女性医師の復職支援を進めるなど、小児科・産科医師不足の解消に取り組みます。
発達障がいを含む全ての障がい児の教育支援を充実します。





Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.