最新の活動報告 > ネットワークの力で実現/バス停に水よけ板を設置




東京都江戸川区東小岩2丁目にある京成バスの「東小岩二丁目」停留所において、「雨の日、バスを待つ人に水しぶきが掛かって困っている。道路から跳ねる水を避けるために、少し離れた場所で待っていると、利用者に気付かずバスが通り過ぎてしまうこともあった。」と付近住民の皆様から地元の竹平智春区議に改善を強く求める声が上がっていました。
こうした現場の状況を聞いた同区議から上野和彦へ、道路の管理者に早期に対策を講じるよう要望ありました。そこで、上野和彦は都建設局へ申し入れを行い、この度、ポリカーボン製の板がガードパイプに設置されました。【写真】。
近くに住む松丸綾子さんは「住民の声が実現し、とてもうれしい」と語っておられ、住民の皆様に喜ばれています。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.