最新の活動報告 > 水道水からの放射性物質検出


平成23年3月23日、原子力発電所の事故の影響により、水道局金町浄水場の浄水(水道水)から、100Bq/kgを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定されたため、都議会公明党は、下記内容の緊急申し入れを実施しました。



平成23年3月23日
東京都知事
石原 慎太郎 殿
都議会公明党
幹事長 中嶋 義雄

水道水からの放射性物質検出に関する緊急申し入れ

東北地方太平洋沖地震により、東京電力福島第一原子力発電所において深刻な事故が発生しました。国における事故への対応は、情報管理の不備やリスクコミュニケーションの欠如により、国民の不安を増大させています。
本日、原子力発電所の事故の結果、東京都水道局金町浄水場の浄水(水道水)から、食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100Bq/kgを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定されました。
そこで、都民への安全な水道水の確保に向けて、下記のとおり実施することを強く申し入れます。


  1. 水道水における放射性物質のモニタリングを確実に実施し、状況把握に正 確を期すること。
  2. 都民の不安を解消するため、都民の目線に立った、分かりやすい表現による速やかな情報開示を行うこと。
  3. 安全な飲用水の確保のために、乳児のいる家庭に対し、ペットボトル入り の飲用水を配布する等の措置を講じること。
  4. 水道水からの放射性物質の除去等、可能な限り影響を縮小させるための工夫に努めること。
  5. 国に対して、安全な水道水の確保に向けた申し入れを行うこと。

以上

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.