最新の活動報告 > リハビリ医療整備へ/都の中核的病院を視察


上野和彦は10月22日、墨田区にある東京都リハビリテーション病院を視察し、都におけるリハビリ医療の現状と課題を探りました。
同病院は都のリハビリテーション医療の中核的施設であり、主に急性期から回復期に入った患者に高度なリハビリ訓練をするとともに、医療関係者の教育・研修や臨床研究などを行っています。
運動療法室や作業療法室、ADL(日常生活動作)室などで行われているリハビリ訓練の様子や、入院患者が宿泊する回復期リハビリテーション病棟などを視察し、林泰史院長等の説明を受けました。
今回の視察調査から、各地域において、急性期から回復期、慢性期と一連のリハビリ医療をスムーズに受けられる体制づくりを検討していく必要性を確認しました。

※写真は、「病院関係者から説明を受ける」

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.