最新の活動報告 > 信号機を整備/地元住民の安全を確保/東篠崎水門付近


江戸川区東篠崎地域を通る特例都道450号線の江戸川水門付近に平成21年2月頃、地元住民の安全・安心を確保する信号機が設置され大変喜ばれています。
現場は、車両の交通量が激しく、歩行者からは「渡るのに危険なので信号機を設置してほしい」という声が上がっておりました。
こうした声を田中区議から聞いた上野和彦は、即警視庁に信号機の設置を申し入れ、この度、地元住民の要望がネットワークの力で実現したものであります。
近隣に住まれる針谷自治会会長は「これで安心して渡れます」と語っておられました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.