最新の活動報告 > 土壌処理の新技術調査/築地市場移転で


築地市場(東京都中央卸売市場=中央区)の移転問題で、上野和彦は、築地市場問題調査特別チーム(石川芳昭座長=都議)として平成21年2月2日、神奈川県内にある汚染土壌の処理プラントを視察しました。
移転予定地(江東区豊洲)では、土壌の一部から高濃度の有害物質が検出されており、一行は、最新技術による土壌処理の現状を調査。担当者の案内で、汚染土壌を砂利、砂、粘土など、粒子の大きさごとにふるい分け、それぞれに適した方法で洗浄していく様子を見て回りました。また、汚染土壌のある現地にプラントをつくって、その場で洗浄する工法やコストについて説明を受けました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.