最新の活動報告 > 駐禁除外を復活せよ/下肢障がい者対象


東京都議会公明党(中島義雄幹事長)は平成20年12月12日、歩行困難な障がい者の一部などに駐車禁止規制の免除を認めている「駐車禁止等除外標章」の交付対象に関する申し入れを、警視庁の坂口正芳交通部長あてに行いました。
中島幹事長は、昨年8月の道路交通法改正で、身体障害者手帳の下肢機能障害3級の2、3と4級の人が、駐車禁止等除外標章の交付対象から外されたことに言及し、「下肢障がい者にとって、車両による移動は日常生活に必要不可欠であり、元に戻して欲しいとの声が多く寄せられている」と指摘したうえで、同標章の交付対象を、従来の下肢機能障害1〜4級まで戻すよう強く求めました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.