最新の活動報告 > 危険な遊具を補修し安全確保/都民住宅


江戸川区船堀3丁目の都民住宅に併設された公園の遊具が平成20年11月に補修され、近隣住民から喜ばれています【写真】。
同公園ではそれまで、すべり台の足場部分はコンクリートがむき出しになっていたため、ケガをする幼児が後を絶ちませんでした。「遊具を安全なものにしてほしい」という声を関根麻美子区議から聞いた上野和彦は、すぐに東京都住宅供給公社へ子どもの安全を確保するため遊具の安全対策を要請し、遊具の補修を急がせてきました。
近隣で3人の子を持つお母さんは「子どもが安心して遊べます」と喜ばれておりました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.