最新の活動報告 > 中小企業、医療・福祉など各種団体から要望


東京都議会公明党はこのほど都庁内で、2009年度の予算編成に向け、各種団体から要望を受けるヒアリングを行いました。 この中で、東京盲ろう者友の会(山岸康子理事長)は、都の盲ろう者通訳・介助者派遣事業について、「『見えない、聞こえない』という二重の障害を併せ持つ盲ろう者の“命綱”」と強調され、登録盲ろう者が年々増えている同事業の拡充を強く要望されました。応対しました小磯善彦副幹事長、上野和彦、中山信行は要望に対しまして、「しっかり受け止め、都に働き掛けて参ります。」とお応えしました。 このほかヒアリングには100を超す団体が訪れ要望されました。主な団体は以下の通りであります。(順不同)。

東京都トラック協会 東京バス協会 東京都中小建設業協会 東京建物解体協会 東京都電設協会 東京ビルメンテナンス政治連盟 東京都商工会連合会 東京商工会議所 東京信用保証協会 東京中小企業家同友会 東京都印刷産業政治連盟 東京都鍍金工業組合 東京都資源回収事業協同組合 東京産業廃棄物協会 東京都建築士事務所協会 東京行政書士政治連盟 東京司法書士政治連盟 東京税理士政治連盟 東京都社会保険労務士政治連盟 東京都生活協同組合連合会 東京都老人クラブ連合会 東京都社会福祉協議会 東京都身体障害者団体連合会 東京都知的障害者育成会 東京都肢体不自由児者父母の会連合会 日本こども育成協議会 東京難病団体連絡協議会 東京都医師会 東京都歯科医師会 東京都薬剤師会 東京都獣医師政治連盟 東京私立中学高等学校協会 東京私立初等学校協会 東京都私立幼稚園連合会

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.