最新の活動報告 > 認知症の予防法など探る/都老人総合研究所を視察/都議会公明党


上野和彦は2月8日、藤井一政調会長、野上純子副政調会長、橘正剛、松葉多美子都議等とともに東京都老人総合研究所(井藤英喜所長、板橋区)を視察し、認知症の予防法など最新の研究成果を学びました。  同研究所は、老化メカニズムの解明や老年病の発症に関する研究、治療・予防法の開発などに取り組んでいます。都民相談では、認知症の高齢者を持つ家族から切実な悩みの声を聞きます。高齢化社会を迎え、誰もが直面する関心の高いテーマが「認知症の予防」であります。その意味で今回の視察は、大変に有意義なものとなりました。  井藤所長らは、アルツハイマー病など認知症患者の脳研究や、介護予防の研究内容についての説明がありました。その中でも寝たきり、閉じこもりについては、同研究所の新開省二医学博士が「外出頻度の低い人ほど、認知症の発生リスクが高まる」と説明し、仕事や趣味、ボランティア活動をしている人ほど認知症になりにくいとの最新研究データを紹介し、大変に参考になりました。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.