最新の活動報告 > ハンセン病資料館を視察


上野和彦は9月12日、今年4月にリニューアルして開館した国立ハンセン病資料館(東京都東村山市)を訪れ、館内を視察し、担当者の説明を受けました。館内の展示は、ハンセン病患者に対する偏見と差別に満ちた歴史とともに、早期発見と適切な治療で、確実に治ることなど、ハンセン病に関する正確な情報を伝えておりました。  「親や兄弟姉妹と一緒に暮らすことができない」「実名を名乗ることができない」――。病気が進むと顔や手足が変形することから差別を受け、医学的根拠もなく、強制隔離されたハンセン病患者。その療養所での生活を再現した展示からは、当時の患者の“叫び”が聞こえてくるようでありました。  同資料館は、1993年に開設された旧高松宮記念ハンセン病資料館を建て直したもので、全国に15カ所あるハンセン病療養所のうちの一つである国立多磨全生園(5月現在334人が入所)に隣接しています。2001年に、ハンセン病療養所入所者らが、国に賠償を求めた裁判で勝訴(熊本地裁)した際、坂口力厚労相(当時=公明党)が主導して国の控訴断念を実現しました。これを契機に、ハンセン病に関する国の取り組みが強化され、その一環として、同資料館はリニューアルされました。  視察を終え、ハンセン病に関する認識を深めることができました。今でもエイズなど一部の病気については、正確な知識が普及していないことによる患者への偏見や差別が現実にあります。同じ過ちを二度と繰り返さないために今後とも努力してまいります。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.