最新の活動報告 > 新潟県中越沖地震で都に要請!「都も十分な被災者支援を実施せよ」


 上野和彦は7月17日、都庁内で石原慎太郎知事あてに、16日に発生した新潟県中越沖地震の被災地への支援に関する緊急申し入れを行いました。これには都側として谷川健次、山口一久両副知事が応対しました。  申し入れでは、9人の死者と1000人を超す負傷者、1万人を超える避難者、さらに家屋の全壊、交通網寸断などの被災状況を踏まえ、都による具体的な支援策として、(1)被災者に対する水、食料など当面の生活に必要な支援を十分に行う(2)警視庁、東京消防庁のヘリによる支援の継続と医師、看護師の派遣など医療支援の積極的な実施(3)電気、ガス、水道などライフラインの復旧に対し万全の支援などを強く要望いたしました。  これに対して谷川副知事は、「現在、警視庁と東京消防庁の職員を(現地に)派遣している」とした上で、「(支援の)要請があれば迅速かつ万全に対応できる態勢を整えている」と述べました。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.