最新の活動報告 > 都議会公明が採取の水/シアン化合物を検出/対策PTが公表 都に再調査求める

都議会公明が採取の水/シアン化合物を検出/対策PTが公表 都に再調査求める



 東京都議会公明党「豊洲市場整備問題対策プロジェクトチーム(PT)」(上野和彦座長)らは20日、都議会内で会議を開き、築地市場(都内中央区)の移転先となる豊洲市場(同江東区)の主要施設で盛り土が行われていなかった問題に関し、同PTが青果棟や水産卸売場棟、仲卸売場棟の地下空間で採取した水の成分調査結果を公表しました。
 上野座長は、水産卸売場棟の地下空間にたまった水からシアン化合物が検出されたことを発表。また、同3施設から基準値を下回るヒ素が検出され、発がん性が指摘されるベンゼンは検出されなかったと述べました。
 その上で、都が17日に公表した、たまり水の調査結果ではシアンは検出されなかったことから、「あくまで参考の値で、極端に高いとは言えないが、都に再調査を申し入れる」と語りました。地下空間の水については「地下水の影響を受けている可能性は否定できない」と強調し、21日に公明党として豊洲市場の現場調査を行い、都の担当者から土壌汚染対策の実態を聴取することを述べました。
 同PTは、14日に豊洲市場を緊急調査し、主要施設の地下空間から水を採取。民間の分析機関に、ベンゼンやシアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、六価クロム、カドミウムなど7物質の調査を依頼していおりました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.