最新の活動報告 > いじめ防止へ対策強化!都教育相談センター「ホットライン」を視察


 上野和彦は、近年のいじめ問題など喫緊の課題解決に向け、6月15日都教育相談センター(東京・文京区)を訪ね相談現場を視察し、関係者と意見を交わしてきました。 同センターは、幼児から高校生相当の年齢までの教育相談をはじめ、進級・進路相談などに幅広く応じており、電話のほかメール、来所による相談にも対応しています。 なかでも、平成19年2月に開設された24時間対応の「いじめ相談ホットライン」では、臨床心理士や教育経験者などが相談に乗り、2月以来、いじめを主な悩みとする相談件数は、月平均で約250件に及んでいます。 今回の視察を、今後の都議会での議論に生かしながら、いじめをはじめとする、子どもの悩みへの対応策強化に取り組んでいきます。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.