最新の活動報告 > ペットと共に豊かな生活 伴侶動物福祉の「特養」視察

■ペットと共に豊かな生活 伴侶動物福祉の「特養」視察



東京都議会公明党は5月19日、神奈川県横須賀市にある特別養護老人ホーム「さくらの里山科」を視察し、同施設が取り組む「伴侶動物福祉」について、若山三千彦施設長ら関係者と意見を交わしました。これには高倉良生、松葉多美子の両副幹事長と、上野和彦、栗林のり子、斉藤泰宏の各議員が参加しました。

運営する社会福祉法人「心の会」では、一緒に暮らす犬や猫をコンパニオンアニマル(伴侶動物)と捉え、伴侶動物福祉を、人と一体的に命と豊かな生活を守るための福祉分野と定義し、高齢者福祉や障がい者福祉と並ぶ“第3の柱”として取り組んでいます。
一行は、利用者が犬や猫と暮らしている全国でも珍しい特養ホームの施設内を見学しました。
4階建ての同施設は、定員100人で完全個室のユニットケア型。利用者が飼っていていたペットや、ボランティア団体を経由して保健所から引き取った犬や猫が、2階フロアにある専用のユニット内で利用者と共に暮らしています。

意見交換の席上、若山施設長は「在宅介護に携わっている中で、ペットを亡くして生きる気力をなくす高齢者が多くいた」とし、一方で、介護が必要になりペットを保健所に送らざるを得ない事例が増えてきたことも指摘しました。「ペットと暮らすことが高齢者にとっても生きがいとなり、身体機能の向上や認知症予防にもつながる効果が見られる」と強調しました。

高倉副幹事長らは「体力の衰えや、病気で動物を飼いたくても管理できなくなる高齢者も増えている。伴侶動物福祉の考え方は、高齢者にとっても動物保護の観点からも重要だ」と語り、普及啓発へ後押ししていく考えを示しました。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.