最新の活動報告 > 防災先進都市めざして/高度交通システムを視察

防災先進都市めざして/高度交通システムを視察



 平成25年10月17日(木)、上野和彦は、東京ビッグサイト(江東区)で開かれている東京都などが主催するITS(高度道路交通システム)世界会議・東京2013の展示会を視察しました。
 ビッグサイト周辺を自動車で回りながら、災害時を想定した通行止めの区間や駐車場、火災発生場所などが携帯端末(スマートフォン)の地図上に表示される様子を確認しました。また、スマホのカメラ機能で周囲を見ると、近くの火災発生場所などが重ねて表示されておりました。
 こうした技術が実用化されれば、安全な場所が確認できるなどパニックを防ぐ効果が期待できます。展示場では、非常用電源を内蔵した交通信号制御機、救急車やパトカーなどの緊急車両を優先的に走行させる信号機の制御システムなどを視察しました。走行中の車の運転席から見える前方の映像と重ね合わせて、行き先を案内するナビゲーションシステムなども見て回りました。課題としては消防や警察と区市町村で、即時に正確な情報を共有し、提供できるかだと思います。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.