最新の活動報告 > 放射性物質モニタリング/東京湾などに拡大を




東京都議会公明党(中島義雄幹事長)は31日、都庁で放射性物質のモニタリング(継続監視)に関する石原慎太郎知事宛ての申し入れを行いました。都側は大野輝之環境局長が応対しました。
環境省は昨年12月、河川や湖沼などにおける放射性物質のモニタリングの結果、千葉県北西部の江戸川および旧江戸川の底質から、1キログラム当たり最大1360ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しました。
これを受けて今回の申し入れでは、同省のモニタリングについて、現在行われていない東京湾や、放射線量が比較的高い地域から東京湾に流入する河川での実施を、国へ働き掛けるよう求め、「都民の安全・安心の確保を」と訴えたものです。
大野環境局長は「国に対応を求めていく」と応えました。


前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.