最新の活動報告 > 東京都動物救援センターを視察/避難ペットを一時預かり




都動物救援センターを視察する上野和彦(10月28日、東京日野市)
上野和彦をはじめ東京都議会公明党は平成23年10月28日、都内に今月開設された都動物救援センター(山口千津子センター長)を視察しました。 同センターは、東日本大震災でペットと共に都内に避難してきた被災者が、仮住まいで飼うことができなくなった犬や猫を一時的に預かる施設です。施設では、同センターを運営する都動物救援本部の須田沖夫本部長(獣医師)らから説明を受けました。 同センターは、2260平方メートルの敷地に約30頭収容できる仮設の犬舎と猫舎があり、治療室や運動エリアなども併設されています。都の担当者は「三宅島が噴火した際にも、同様に避難してきた50頭ほどのペットを受け入れました。その時の経験が、大いに生かされています。」と説明していました。受け入れは来年の9月までを予定しております。 都議会公明党は6月の定例会で、避難してきたペットについて、「避難が長期化する中で、愛護動物への対応を明確にする必要がある」と訴え、同センターの開設を後押ししてきました。

前のページへ戻る


 最新の活動報告 | バックナンバー(以前の活動報告) | その他の活動報告


Copyright(C) Kazuhiko Ueno All Rights Reserved.